スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯!!O2センサーか??

スポンサードリンク

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯


スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯

パワートレインアラーム点灯

いつも、親父のお下がりの、スバルプレオRA2を乗っているのですが、15年たっているものですから、あっちこっちと故障が出てきます。

先日も郵便局にゆうパックを出しに行きまして、その帰りに、速度メーターを見ていると、速度メーターの下の四角いオレンジ色のランプが点灯しているのです。

 

あれー、見たこともないランプだなーって思い、これは不吉な予感がするので、家に帰りプレオのマニュアルを見てみると、それは「パワートレイン」のアラームだとありました。

 

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯
上の写真はプレオではありませんが、パワートレインアラームの点灯は同じ

 

何かよく分からないのですが、無段変速に異常とか書かれているので、このまま走っているといつ止まるかもしれないので、とにかくスバルのディラーに電話で問い合わせることにしました。

 

まず、ディラーまで修理に持って行くのに、このまま走っても大丈夫かどうかと尋ねて見たところ、「途中で止まらないかどうかの保証はありません」とのことでした。

これでは困るので、とにかく近くの知り合いの修理屋さんに持っていくことにしました。

 

そこで、このアラームは何のアラームかどうかの診断を、テスターにてしてもらいましたところ、『O2センサー』の異常だということが判明しました。

このO2センサーとはどのようなもので、どこについているのか聞いて見ると、エンジンからの排気ガスのエキゾーストパイプに付いていると言うことでした。

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯

このセンサーは高いものだと2万円くらいするらしいので、いやー、困ったなー、高く付くなーと思いながら、仕方ないかと修理をお願いして、部品が到着したら連絡をくれるということで、家に帰りました。

 

家に帰りネットを調べていたら、O2センサーなるものが、ヤフオクやアマゾンで売っているのです。

それも安い価格で売っているのです。

 

 

取り替え方法もネットに懇切丁寧に掲載されていて、これならひょっとして自分で替えられるのではと思い、とにかくヤフオクで購入しました。

ヤフオクの落札価格が、¥3498 + 送料 ¥1,080

合計が4,578円でした。

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯

こんなに安く買えたので、頑張って交換することに力を注ぎました。

 

ネットで公開されている、プレオRA2の ”O2センサー”の交換にもありますが、やはりセンサーのネジが硬くて少し苦労をしました。

それで夕方に、そのビスの所にCRC(556)を吹き付けておき、一晩寝かせました。

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯
明くる日に、メガネレンチにパイプを追加して、てこの原理で2本のビスを緩めることができました。

2本のビスが緩まると、後は簡単で、O2センサーそのもの自体はモンキーレンチで緩めることができました。

 

壊れたセンサーを抜き取り、新品のセンサーをセットしビス留めにし、O2センサー交換は完了です。

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯

 

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯
外しておいたバンパーを元通りにして、修理完了しました。
スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯

 

 

スバル・プレオRA2パワートレインアラーム点灯

車の修理もやって見ると意外と簡単なことが分かりました。

このスバルプレオRA2は、なにぶんにも年数が15年以上経っているので、これからもトラブルが続発することになると思いますが、その度にできるだけ修理を自分で行い、その備忘録を残していきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ